スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

 私にとっての「いつか... 」

花園衝羽根空木


いつか...逢おう

いつか...酒でも飲もう


そう言って別れた過去がある


時々電話がきた

時々メールもきた

そして月日は流れていった


お互いが気がかりだったのか、関わりを持ち続けていた

私は忘れられない人として心にしまった相手


いつか...


そんな言葉始めから信じていなかったのかもしれない

もう2度と逢うこともないだろうって心の片隅にあった


それから ひとつの恋らしきものをした

お互いの傷を癒やすだけの恋だったのかもしれない

その相手が嫌っていたひとの写真展に関わったことで責められ破局

その時、私って何してるんだろうって凹みまくった

恋してたんじゃないって

恋してると思っていただけだったと気が付いた


さらにその頃は家庭内でのゴタゴタで疲れ切っていた


そしてその憂鬱な心に気づいて声を掛けてくれたのが今の彼

以前からチャットなどで話はしたりしていたけど

文字越しだけの知り合い程度

そんな彼は私の様子に心配をしてくれた

一本気のバリバリの硬派

まっすぐ前見ている人

当然彼女もいたけどね...

まさか今の関係になるなんてお互い思っていなかった


彼に 「いつか...」なんて言葉はなかった

「いつか...」一緒になれるなんて夢を持つことは封印しての繋がり


だから私には

    「いつか...」 


その言葉は特別な意味をもち

もう使うことのない言葉




ちなみに

「いつか...」とう約束をした相手とは

今の私には大事な人がいるし

相手もゴタゴタしてたらしいし...ってことで

つい最近、それもしっかりケリをつけた

もう「いつか...」その言葉を気にするのもやめようってね






スポンサーサイト
category
想い出と想い

Comment

Trackback

http://red909moon.blog29.fc2.com/tb.php/477-52abd9c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。