スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

深夜の月

おぼろ月


深夜彼との語らいを閉じたあと

カーテン越しに見えた月

このところのぐずついた空の中

雲にぼやけ気味に月が顔を出していた


月明かりは届かぬが

なんとなく月に包まれていた感覚があった

彼を想い

彼を愛しいと想って眠りにつく毎夜


なかなか触れることのできない温もり

記憶と感覚として残る彼の温もりを抱いて眠る夜


きっと月だけがそんな私を知っているのかもしれない

スポンサーサイト
category
ブログ

Comment

1 ■こんにちは。

月って、いつも違う顔をしていますよね。
雲で見えない時もあれば、光輝いているときもあれば、細く小さい時もあれば、まんまる大きく見える事も。
同じ空なんですがね。
  • 2006⁄05⁄12(金)
  • 20:25
  • [edit]

Trackback

http://red909moon.blog29.fc2.com/tb.php/417-a68b5cc1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。