Entry Navigation
  • スポンサーサイト
  • 月に祈る
  • 諸刃の剣
  • 燃えるような恋って
  • 悲しみよ止まれ
  •  私にとっての「いつか... 」
  • やさしさ
  • 揺らいだ心
  • 揺れる気持ち
  • 繊細
  • 清楚
  • 男って...
  • 愛が故に
  • 心配事
  • 束の間
  • 信頼
  • 気配り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

IMG_0806.jpg


アベリア

強運の花

どうか強運を
どうか無事に

祈り
伝われ

スポンサーサイト
category
未分類

月に祈る

三日月


西の空


三日月が微笑んだ


きっと明日は大丈夫


そっと呟いた


そっと祈った





同じ月が彼のところでも微笑んでいるはず

きっと10年の鎖から解き放たれる

category
photo

IMG_0809.jpg

パイナップルセージ  家庭的

甘い香りに誘われて
ふと見たら
パイナップルセージの花が
もう咲いていた

家に帰ろう
暖かな家庭に
そう誘う花なのだろうか

冷えた家庭を温かな家庭に戻そうとした
でも出来なかった私
子供と二人になって
今の方がおおらかな気持ちになっている私

過呼吸も起きなくなった
ストレスでの体のトラブルもなくなった

私にとって
今の生活が
暖かな家庭なのかもしれない
category
未分類

諸刃の剣

こむらさき


小紫の花   聡明 知性


燃えがった恋は「諸刃の剣」だと言った

彼らしい例えだと思う


両刃の剣を振り上げたとき相手を切ろうと

振り上げたとき自らも傷つく恐れがある

一方では役に立つが一方では害を与えることもある例え


うまくいけばいいけど

傷ついたときはかなりの痛手だろうな...


彼としては淡々とした繋がりかもしれないけど

傷つきたくはない

辛い思いはしたくはない

躓きたくないから思わないようにしただけのことなんだろう


ということは、裏返せば

それだけ私との関係、躓きたくないと思ってくれているんだと

そう思うことにした

そう思わなかったら、私自身が潰れてしまうしね



毎夜スカイプを落とすとき

「また明日な」って言ってくれる彼

今はその言葉だけが唯一の彼からの甘い言葉だと思っている

二人には明日があるんだと思う

そんな些細な言葉に想いを抱き締めている


こう思えるまでにどのくらい涙したんだろう

どのくらい危機があったんだろう


「諸刃の剣」は、静かに鞘におさめとかなくてはね

category
つぶやき

IMG_0783.jpg


オレガノケントビューティー 
花薄荷

財産の花
これ植えておいたら
財産できるかしら

category
未分類

燃えるような恋って

薔薇5


築き上げたふたりの生活がお互い別々にある

どうすることも出来ない生活がある

そんな状況下で燃え上がることはダメだと言う

燃えることを止めてしまった彼

もう今更燃える恋はしないと


私との関係...

大事に思ってくれていることは言葉の端々でわかる

でもそれ以上でもなくそれ以下でもない関係

それでいいと納得している私たち...


恋愛はある面 がまんなんだろうな


逢いたいけどがまん

一緒にいたいけどがまん


がまんが出来なくなったら壊れてしまうだろうな...

だから燃えたら辛すぎるよね



category
つぶやき

悲しみよ止まれ

金糸梅


金糸梅 悲しみを止める花


今が盛りと咲いている

鮮やかな山吹色の花

この目も覚めるような黄色が

明るい気持ちへと

導いてくれるのだろうか...

category
photo

IMG_0769.jpg


さわききょう

花言葉 高貴

高貴な色 紫が目に鮮やかに映る
梅雨空の中 散策した「玉露の里」の庭に
ひっそりと咲いていました
category
未分類

 私にとっての「いつか... 」

花園衝羽根空木


いつか...逢おう

いつか...酒でも飲もう


そう言って別れた過去がある


時々電話がきた

時々メールもきた

そして月日は流れていった


お互いが気がかりだったのか、関わりを持ち続けていた

私は忘れられない人として心にしまった相手


いつか...


そんな言葉始めから信じていなかったのかもしれない

もう2度と逢うこともないだろうって心の片隅にあった


それから ひとつの恋らしきものをした

お互いの傷を癒やすだけの恋だったのかもしれない

その相手が嫌っていたひとの写真展に関わったことで責められ破局

その時、私って何してるんだろうって凹みまくった

恋してたんじゃないって

恋してると思っていただけだったと気が付いた


さらにその頃は家庭内でのゴタゴタで疲れ切っていた


そしてその憂鬱な心に気づいて声を掛けてくれたのが今の彼

以前からチャットなどで話はしたりしていたけど

文字越しだけの知り合い程度

そんな彼は私の様子に心配をしてくれた

一本気のバリバリの硬派

まっすぐ前見ている人

当然彼女もいたけどね...

まさか今の関係になるなんてお互い思っていなかった


彼に 「いつか...」なんて言葉はなかった

「いつか...」一緒になれるなんて夢を持つことは封印しての繋がり


だから私には

    「いつか...」 


その言葉は特別な意味をもち

もう使うことのない言葉




ちなみに

「いつか...」とう約束をした相手とは

今の私には大事な人がいるし

相手もゴタゴタしてたらしいし...ってことで

つい最近、それもしっかりケリをつけた

もう「いつか...」その言葉を気にするのもやめようってね






category
想い出と想い

img_16.jpg


ヘリオトロープ 匂紫

献身的な愛 熱望 永遠の愛


香りと共に愛を届けましょうか
愛する者へと...
category
未分類

やさしさ

アガバンサス


優しさを感じ


眠りにつく


きっと


夢の中でも


あなたに恋をしている


category
photo

DSCN5058.jpg


アベリア(つくばねうつぎ)

花言葉 謙譲

花言葉通り控えめに咲く花
ピンクの可愛らしい花が
心をもうっすらとピンクに染める

そんな暖かな心で
包んであげたい人がいる

category
未分類

揺らいだ心

昨日書いたサイトの知り合いのエントリーを読んだ

なんとなくここのところの様子から予感はしていたことだったけど

終演...


ふたりの心にある本当の気持ちはどうなんだろう

少し離れた時をおくのもいいと思う

そしてもう一度繋がる日を私は待っていたい


でも

もう一度心を見直したとき

もう一度繋がることができるのだろうか

いつかまた...が、くるのだろうか


そんな心配もしている

勝手にふたりに自分の捨てた夢を叶えて欲しいと思っていた


もう一度夢を見させて欲しい...


.......................☆彡


そして...

私がいつも彼に言われていることがよぎった


熱くなって先を見ていいことはない

あれやこれやと考えすぎたら自爆する

相手に自分の心をぶつけすぎると相手の心は重くなってしまう

こうしているのだから何も考えるな


そんなことを言われた私

それが出来ずに躓きそうになった私


彼から離れたくない一心で彼に言われたことに従うまでの心になった


人から見れば冷たい関係かもしれない

でもちゃんとひとつに心は繋がっていると信じている

信じなかったら自爆でしょうね


いつでも逢える関係でもないし

背負ったものもある現状の中

いくらふたりが全くのフリーでも

前に進むことも夢すら見れない


だからこそ彼の言うのだろう...

期待するなと


そんな私たちみたいな

ひねくれカップルもいる


それが私の選んだ道であり今の恋愛状況

category
会話 相談

揺れる気持ち

あるサイトの知り合いの恋愛をずうっと見てきた

羨ましいほど、ぴったり寄り添って見えていた

いや、今もそうだと思う

今はただ、現実を突きつけられ彼女は揺れているのだと思う


考えさせられる問題なんだと思う

だからふたりは真剣になればなるほど喧嘩にもなってしまうだろう


NET恋愛そして遠距離恋愛

そしてリアルな関係

ふたりの関係を前に進めようとすれば

当然周りをも巻き込むことになるだろう


そして遠距離の問題

どちらかが何らかの犠牲を払わなければ先に進めないと思う


好きだから

愛しているから

進んでしまえばいい問題じゃない


肉親との問題

切っても切れないだろうし、ネックとなり踏み切れないストッパーにもなっているはず


仕事の問題

今の場所から離れてしまえばどうなるんだろう

今まで築きあげたものすべてがこわれるかもしれない


自分の置かれている立場と彼女の立場が似ているから

揺れ動く気持ちが充分過ぎるほど見えてしまう


ただ違うことは

私たちふたりは前に進むことをしないままいる

このまま立ち止まったまま居ることを選んだ


それがいいのか悪いのかはわからない





category
会話 相談

DSCN5045.jpg


小さな花も

小さな思いも

重なれば鮮やかな光景となり

重なれば大きな想いとなる
category
未分類

繊細

むくげ


木槿の花が咲きだした


   花言葉はデリケートな愛 繊細美


夏にかけて咲くこの花

一日限りに咲いては消えていく


彼って繊細な心の持ち主

怖いくらい壊れそうな感じがする

だから気を遣うって訳ではないけど

彼の心が壊れないようにしてあげていたいと思う私

そっと包んであげていたい

思うがままの心でいて欲しいと思う


人から見れば「疲れない?」って言われそうかな

でも彼の心が静かでいることが私の幸せだって思っている


離れているからこそ

ちょっとした行き違いで心までが壊れることがある


好きだからこそ

離れている分

相手の心を大事にし

そして心気遣うことも

相手に合わせてあげる心も必要だと思う



category
つぶやき

清楚

ハクチョウソウ


清楚な花 ハクチョウソウ


梅雨の中休みの日差しの中

眩しい白い花を咲かせる


明るく軽やかに咲き乱れ

蝶が舞うともいえるような花たち




もっと心の力抜いて

もっと軽やかに

もっと明るく


彼のことを想い続ける...


category
ブログ

DSCN5048.jpg


やさしく照らす明かり

心の中も照らして欲しい


いつも行く
珈琲専門のジャズ喫茶「苑」の明かり
珈琲の焙煎の香りに包まれ
心地よいジャズに
静かに刻が流れる
category
未分類

IMG_0743.jpg


夜も深まり
皆は静かな眠りの中

愛を語らえし刻の月

赤い深夜の月

一緒に見れば結ばれるという
赤い月

夢でしかない
赤い月の伝説
category
未分類

男って...

赤い月


深夜東の空に見た赤い月


   「有明月」


彼が大丈夫だと言ってアクセスしてきた

良かった...

朝お医者さんに行き、その後寝ていたとのこと

メール送ったのは確認していたようだった

まぁ、返事の来ないのはいつものこと...

心配してたんだぞ~って一言は言いましたが...

彼は大丈夫だって笑ってました


話題が私のサイトの話から

昨日私が立ち読みしてきた男の人の恋愛心理の本の話に


甘いこと言わなくなった男の心理

相手に対して本気であり身内のように思っているから言わない

甘い言葉を求める相手に対しては、俺の気持ちを疑うのかって思うようになる


私のこと好き?私のこと大事?私のこと愛してる?


これって男の人にとっては ウザイ だけらしい

心に負担与えてどうするんだってことらしい


彼は曰く...

ほらみろ、男ってそういうもんだ...


パソコン越しで使えるWEBカメラ

話し始めたころ一度使ったっきり使わずにきた私たち

そのこと言ったら

少し物足りないくらいのほうがいいだろうって

気持ちが変わらずいれるじゃないか

毎日見ていると飽きちゃうだろって

「もう顔も見たくないなんて俺言われたりしてな」って

「ヾ(・ε・。)ォィォィ私はならないよ~」って笑って答えた私


本当はね

逢いたさが募っちゃうから私はカメラのこと言わないんだよ


深夜の会話だって言うのに

色気も何もないふたりでした...


二人で一緒に見ると結ばれるって言う赤い月も

離れている二人にとって一緒には見れないしね


ともかく元気な声聞けただけ良かった



category
つぶやき

DSCN1798.jpg


梅雨の中休み

私も少し中休み
心も少し休まなきゃ
category
未分類

愛が故に

アガパンサス

アガパンサス


花言葉は 恋の季節・恋の便り・恋の訪れ


ようやく咲きだしました

蕾をもってから長かった


名前の由来となったギリシャ語

「愛」を意味するアガベと「花」を意味するアンザス

そう愛の花なのです


愛が故に心配する

好きだからこそ気遣う

そんな私がここにいます

この心わかりますか?


さりげなく想うふりをしているけど

本当は張り裂けそうなまでの想いを押し殺している

心配だってしている

離れた場所 違う生活があることを

頭では理解していても心は言うことをきいてくれない


時々 違うんだ現実は、って言いきかす

時々 どうせ先はない二人なんだって言いきかす


あぁ...混乱している私



category
つぶやき

心配事

彼の体調が良くなさそう

サッカーを見ながら会話していたけど...

どうも子供のウイルス性胃腸炎を貰った様子

吐き気と下痢の風邪


もう横になるように言いました

「ごめんな~」って彼

謝るなよ~

遠くて何もしてあげられなくて

悲しくなっているのに...


彼の体調のことはいつも気にしている私

祈ってあげることしか出来ないしね


こういうとき一番辛いな

遠距離って...



category
つぶやき

束の間

夕暮れ


雨が上がり西の空が黄色く輝いた

明日は晴れかな

束の間でも青空に出逢えるかな


この空を一緒に見たい

空を眺めながら思う

片時も心から消えぬ彼

いつも心に存在している


目を閉じれば

彼の煙草を吸う姿が浮かび

胸を抱けば

彼の腕の中の温もりを思い出す


仕事をしている時ふと存在が薄らぐけど

でも、どこかで存在している

彼の存在があるからこそ

がんばって仕事しようとする


そして彼に叱られないように

しっかりしなきゃって思う私がいる


彼の存在が私の生きていく糧

彼が居てくれるという安らぎが私を癒やす


逢いたさに涙もでるけどね(^^ゞ

category
つぶやき

DSCN5013.jpg


ストケシア 和名 瑠璃菊

花言葉 追想


愛された刻を思い出す
そんな雨の午後
  
category
未分類

信頼

睡蓮

桃色の睡蓮の花言葉は「信頼」


「信頼」という言葉には重さがある


私は彼を信頼し、ついていこうと決めた

周りが携帯メールでラブコールを送りあったり、甘い言葉を言い合っていたりすることを

一時は羨ましいと思ったこともあった

でも、そんな表面的なことで信頼を持ててるときっぱり言える人は

何人いるのだろうか...

見えないから言葉に頼る気持ちもわからないでもないけど

でも本当に信頼していれば、言葉などいらない

お互いが無理をせず

時間があって、時間が来て話せる状態になったとき

常に隣にいるように話せるような関係でこそ

信頼しきっているんだと思う


何でも話せる

隠すこともなく状況を話し

こうなんだよ...

こうしたよ...

そんなたわいもない会話だけで終わろうと

話ができる関係でこそ

信頼は成り立っていくんだと思う


いくらでも、何してたの?好き? 愛してる?

いくらでも好きよ 愛してるよ 逢いたいよ...


いうことは容易いかもしれないけど

そこに相手への確かめや疑いや心配がないだろうか...


そんなこと思う私ってひねくれてる?

でも彼から教わったんだ...

相手を「信頼」してなきゃ、繋がっている意味あるか...ということ


だから私は

彼を信頼し

話せないときがあろうと

なかなか逢えないだろうと


いつも彼は私のところに居るからいい...と

 




category
つぶやき

DSCN5003.jpg


京鹿の子  

花言葉 穏やか

穏やかな昼下がり
まどろむ中
夢の中にはアナタの姿
category
未分類

DSCN2523.jpg



朝咲き 夕は消ぬる鴨頭草の
消ぬべき恋も 吾はするかも 
(万葉集)

  あしたさき ゆうべはきぬるつきくさの きえぬべきこいも われはするかも
category
未分類

DSCN4988.jpg


庭のランタナが咲きだした

別名 七変化
咲いたときは黄色
だんだんオレンジになり赤くなっていく

そしてこのかわいい花が
どうして厳格って花言葉に...

category
未分類

気配り

アルストロメリア

アルストロメリア   気配り


見えない彼の状態 気にはなる

気にしだしたらキリはないけど...


基本的には指先から出されるログで判断

彼のタイピングは正確かつ早いから

ある程度は様子は把握できる...


先日話し合った...

空いた時間

彼のチャットの部屋に行ったとしても

眠いときやまったりしたいときは

ちゃんと言おうって

お互いが気を遣い

何か話そうとしたりと

無理をして行き詰まったことがないように...と


気配りと気遣いも大切だけど

ふたりだからこそ

遠慮なく言えることが大事


行き詰まって疲れてしまうなんて

ばかばかしいこと

長く長くずうっと彼と居たいからこそ

はっきりとどうしたいって言わなきゃね...



それもまた

遠距離が故の

相手への気配りなんだろう




category
つぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。